0

タイ日友好記念館

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

東南アジア
その他
タイ
タイにある世界でも珍しい親日的な戦争博物館

タイ北部メーホンソン県クンユアムという小さな村に、タイ日友好記念館というちょっと毛色の変わった戦争博物館がある。作ったのは、元警察署長のチューチャイ・チョムタワット氏。赴任してきた当時、村人が日本兵の遺留品を大切にしていたことに感銘し、後世に伝えようとそれらを集め始めたのがきっかけだという。

入り口にはこんなメッセージが刻まれてある。
「第二次世界大戦には多くの残忍な思い出があるでしょう。でも、私たちタイ人は違います。この戦争はタイ人と日本軍兵士との間に愛と絆を同時にもたらしたのです。私たちは、決して忘れることはないでしょう・・・」
この言葉からもわかるように、ここは日本軍の残虐さに焦点を当てた他の戦争博物館とは違い、日本兵と地元の人々との交流をテーマにした親日的な戦争博物館なのである。

館内に展示してあるのは、軍用トラック、銃、軍刀、軍服、認識票、水筒、薬、注射器、歯ブラシなど当時の日本兵が使っていた武器や日用品。さらに当時の写真などをふくめ、1000点にものぼる収蔵品が一堂に集められている。また現地の少数民族の生活文化を紹介するコーナーや、当時の日本兵との暮らしぶりを再現した模型などもある。

背景には住民と日本兵との温かい交流が

ここクンユアムは、戦時中、ビルマ作戦の後方支援基地となった場所である。大東亜戦争勃発後の翌年42年頃から日本兵が駐屯し、タイ人労働者らとともに道路建設にあたっていた。前線であるビルマとの輸送網整備を目的としたもので、いわゆる泰緬鉄道計画の一環でもあった。

だが、泰緬鉄道を題材にした映画『戦場にかける橋』で描かれている残虐な日本兵とは違い、ここにいた日本兵は現地の人との間にきわめて友好的な関係を築いていた。
チューチャイ・チョムタワットさんは、記念館設立のいきさつを記した著書のなかでこういっている。「日本兵は村の人に何でも出来ることをいろいろと手伝った。たとえば米の脱穀精米作業とか、農作業のときの赤ちゃんの子守などやってくれた。クンユアムの人たちは、日本の兵隊さんのことをいやだとは思わなかった」 。
またタイの元運輸大臣だったジャルーン・チャオプラユーンさんは、「私はクンユアムに進駐してきた最初の日本兵から、帰還する最後の一兵までを知っている。クンユアムの日本兵は村人と共に働き、お互い協力して生活していた。カンチャナブリの博物館で宣伝される日本軍とは違う。優しかった日本兵を私は忘れない」と振り返る。

インパール作戦で敗退した後、多くの日本兵が命からがら逃げてきたときも、住民は温かく迎え入れてくれた。インパールからの敗走路は、行き倒れた日本兵の遺体が散乱し、白骨街道と呼ばれた。ようやくたどり着いたクンユアムにも無数の遺体がよこたわっていたという。

クンユアムの人たちは、そんな傷ついた日本兵を介抱し、食べ物を与えた。日本兵の方も、クンユアムの人たちならきっと自分たちを助けてくれると考えていたようだ。

世界は等身大の日本兵の姿を知るべき

それにしても敗残兵といえば、極限状態にあり、気が立っていて何をしでかすかわからないと恐れられるのが普通である。それなのに恐れられるどころか温かく迎え入れてもらった上、手厚い介護までしてもらったことは、施しを善とする仏教国であることをさしひいても、当時の日本兵がいかに現地の人たちから信頼されていたかをしめすものであろう。

ここにあるのは、戦勝国の色眼鏡を通したステレオタイプの日本兵ではない。普段の生活からかいま見た等身大の真実の日本兵の姿である。よく日本兵は残虐だったというが、それは日本兵が戦場でいかに強かったかということの裏返しでしかない。戦争というのは、殺人である。戦争に強いというのは、それだけ多くの敵を殺せるということである、そんな強い日本兵が時として残虐なものとして敵の目に映ったのは当然であり、ある意味仕方のないことであろう。

しかし、戦場では鬼神のごとく恐れられた日本兵もいったん日常生活に戻れば、連合軍のどの国の兵士よりも優しく、規律正しかったのである。この記念館は、まさにそのことを証明しているといえるだろう。 この博物館が、日本人はもちろんタイ人にとっても、この世界を覆う戦勝国史観という大きな欺瞞に気づくきっかけになってくれたらと切に願うところである。

 

タイ日友好記念館公式サイト(日本語)
同記念館では、「チェンマイ旧日本軍博物館」を設立するための協力金を募っているようです。

タイ日友好記念館公式サイト(タイ語)

ツイッターでフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。