0

盧溝橋

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Made in China のストリートビューを利用しています(中国ではGoogleストリートビューが許可されていないため)。かなり重く、すぐには表示されないようです。画面が真っ白の場合、再読み込みすると表示されます(される場合もあります)。なおタブレットやスマホでは見れません。見たい方は、専用のソフトをダウンロードする必要があるようです。専用ソフトはこちら

 

スポンサー

 

rokoukyou
北京
蘆溝橋の中国軍
北京の西南郊外、永定河にかかる石造りの橋。かつてマルコポーロが「世界一美しい橋」と旅行記のなかで紹介 したことから別名マルコポーロブリッジとも呼ばれる。1937年7月7日夜、この付近で発生した謎の発砲事件が その後8年にわたる日中戦争の導火線となった。日本軍が演習していたのは、蘆溝橋からみて京漢線の 向こう側の永定河の東岸。現在、橋のたもとに「蘆溝橋資料陳列館」があり、七・七事変当時の中国側の 宋哲元将軍の指揮刀や日本軍の軍刀や砲弾などの遺品が展示されている。市の西南郊外にある。長椿街から 309路のバスで蘆溝橋下車。なお最近の研究では、この最初の発砲は中国共産党の劉少奇によるものとする説が有力になっている。

ツイッターでフォローしよう!
Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。