0

満蒙独立運動関連史跡


ストリートビューが通っていないので一番近い朝陽市郊外を表示しています。
Made in China のストリートビューを利用しています(中国ではGoogleストリートビューが許可されていないため)。かなり重く、すぐには表示されないようです。画面が真っ白の場合、再読み込みすると表示されます(される場合もあります)。なおタブレットやスマホでは見れません。見たい方は、専用のソフトをダウンロードする必要があるようです。専用ソフトはこちら

 

スポンサー

 

内蒙古自治区
カラチン旗

川島浪速と粛親王
川島浪速と粛親王

満蒙地域を独立させようという試みは、満州事変以前にも何度かあり、なかでも有名なのが辛亥革命後二度に わたって起こった満蒙独立運動である。第1次満蒙独立運動は、清朝崩壊直後の1912年に起こったもので、 別名宗社党事件ともいう。中心となったのは元清朝遺臣からなる宗社党と川島浪速をはじめとする 日本人大陸浪人グループ。計画によれば、日本から調達した武器を満鉄線公主嶺から内蒙古のカラチン王府と パーリン王府まで秘密裏に輸送。蒙古人部隊による武装蜂起を促すというものであった。だが、 この計画は武器輸送の段階で中国側に発覚し、未遂に終わった。1916年の第2次満蒙独立運動の首謀者も、 やはり川島浪速ら日本人グループと宗社党の一派であった。ただし、今回は蒙古独立を悲願とする 蒙古人パプチャップが主力部隊として加わっていた。計画では、まずパプチャップが北満州で蜂起し、 それに呼応する反乱部隊とともに奉天を占領。さらに北京を襲って内外蒙古と満州および華北を併せた 「北清帝国」を建設するというものであった。 だが、この計画も袁世凱の急死によって再び頓挫。 中国軍に追われ、敗走したパプチャップも内蒙古の林西で流れ弾に当たって死亡し、 ここに第2次満蒙独立運動も第1次と同様あっけない幕切れを迎えたのであった。なお、 この第2次独立運動には、日本の財閥大倉喜八郎も一枚かんでおり、当時の金で百万円を 資金として差し出したといわれる。一説によれば、間島(満鮮国境地帯)に東洋のスイス ともいうべき中立の独立国を造り、大倉をその王にするという密約が川島らと交わされていたというが 定かではない。カラチン、林西ともに内蒙古自治区内にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。