0

興亜観音

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アジアの復興と平和を祈るため上海派遣軍司令官松井石根大将が創建した観音像。

 

以下、WIKIより

興亜観音(こうあかんのん)は静岡県熱海市伊豆山にある観音像。また、同観音像を祀る宗教法人礼拝山興亜観音(らいはいざんこうあかんのん。以下「興亜観音」という)。日蓮宗から分かれた法華宗陣門流(本山: 新潟県三条市)の系ではあるが、興亜観音はこれにも属さず、日本で唯一の独自の歴史と祭祀を持った独立した寺院である。創立の趣旨から宗派を問わず参拝客を受け入れている。また、興亜観音は、創健者松井石根大将の賛同を得て、三重県尾鷲市金剛寺、奈良県桜井市蓮台寺、富山県入善町養照寺に現存するほか、中華民国、タイ国にも贈られたことが知られている。

 

 

南京入城式での松井石根将軍

 

地図上の場所はこちら。

ストリートビューはこちら。残念ながら境内までは通っていませんでしたので一番近そうな場所を表示しています。

 

興亜観音公式ホームページ

じゃらん

礼拝山興亜観音へようこそ

興亜観音ホームページ – 電脳日本の歴史研究会

活気づく興亜観音 | 南京の真実国民運動

知られざる激動史!A級戦犯七士の遺骨を守り抜いた興亜観音の今

荒尾精(松井将軍にも影響を与えたアジア主義者)

 

ツイッターでフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。