0

加波山事件と加波山山頂の旗立石

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

加波山事件は、自由民権運動がたかまりをみせる1884年、茨城県の加波山で発生した民衆による武装蜂起である。富松正安ら自由党の若い活動家は、民権運動を弾圧する県令・三島通庸を暗殺することを計画したものの失敗。加波山をアジトとしてたてこもり、「圧制政府転覆」「自由の魁」などの旗を掲げ、檄文を配布し民衆の決起を呼びかけた。しかし、警察に包囲された活動家らはやがて山麓の長岡畷(ながおかなわて)における戦闘によって殺害、捕縛された。 いわゆる自由民権運動の激化事件のひとつであり、その後に続く秩父困民党事件、飯田事件、大阪事件など武力による反政府蜂起事件のさきがけとなった事件とされる。山頂には、かれらがスローガンとして掲げた自由の旗を象徴する「旗立石」が建てられている。

加波山事件の現地にて
加波山事件の経過を現地を訪ねてレポートしたサイトです。

ツイッターでフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。