0

殉国七士廟

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

殉国七士廟は、殉国七士廟は東京裁判で死刑に処された7名の軍人・政治家を祀る廟である。

WIKIより

殉国七士廟(じゅんこくななしびょう)は、愛知県西尾市東幡豆町の三ヶ根山にある廟。東京裁判判決に従い死刑を執行された7名の軍人・政治家を祀っている。高さ5メートルほどの石碑で、「殉国七士墓」と彫られており、作られた当時の首相、岸信介の揮毫である。7人の遺骨は実際に碑石の下に埋まっている。

 

地図上での場所はこちら。

ストリートビューはこちら。廟はここから入ったところのようです。

祀られているのは以下の7人。

東條英機(首相・陸軍大将)

土肥原賢二(陸軍大将)

板垣征四郎(陸軍大将)

木村兵太郎(陸軍大将)

松井石根(陸軍大将)

武藤章(陸軍中将)

 

広田弘毅(首相)

 

一般社団法人殉国七士奉賛会公式ホームページ

『殉国七士廟』は日本人なら絶対行くべき!愛知県三ヶ根山にはA級戦犯7人の遺骨が眠る

極秘で行われたA級戦犯の遺骨奪還作戦!その全貌を調査したVol.4~愛知県三ケ根を訪問

殉国七士廟 – 知一庵

ツイッターでフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。