0

ペリリューの戦いとペリリュー神社

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ペリリューの戦い

ペリリューの戦い(ペリリューのたたかい、英: Battle of Peleliu)は、太平洋戦争中の1944年(昭和19年)9月15日から11月27日にかけペリリュー島(現在のパラオ共和国)で行われた、日本軍守備隊(守備隊長:中川州男陸軍大佐)とアメリカ軍(第1海兵師団長:ウィリアム・リュパータス海兵少将、第81歩兵師団長:ポール・ミュラー陸軍少将)の陸上戦闘である。アメリカ側の作戦名はステールメイトII作戦(Operation Stalemate II、stalemateは「膠着」の意味)。

要塞化した洞窟陣地などを利用しゲリラ戦法を用いるという、日本軍が見せた組織的な抵抗戦術はアメリカ軍を苦しめ、後の硫黄島の戦いへと引き継がれていくことになる。 ペリリュー戦は唯一第1海兵師団が壊滅した戦いでもある。
WIKIより

激戦地となったオレンジビーチの近く

ペリリュー神社

●チェスター・ニミッツの詩文

神社に建設された碑には、アメリカ太平洋艦隊司令長官、チェスター・ニミッツの詩文とされる以下の文字列が彫り込まれています。

「諸国から訪れる旅人たちよ この島を守るために日本国人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い そして玉砕したかを伝えられよ 米太平洋艦隊司令長官 C.W.ニミッツ」
“Tourists from every country who visit this island should be told how courageous and patriotic were the Japanese soldiers who all died defending this island. Pacific Fleet Command Chief(USA) C.W.Nimitz”

 

●悠然と長い黒髪を櫛ですいた後、入水自殺をした3名の日本人女性

追い詰められた3人の在留日本人女性が入水自殺する前に悠然と長い黒髪を櫛ですいていた情景を目撃した海兵隊員の証言をもとに、アメリカの従軍記者が、古代ギリシアのテルモピレーの戦いを想起したとする記事を当時のタイム誌に書いているそうです。

In one instance marines watched in astonishment as three women sat on the rocks leisurely, deliberately combing their long black hair. ※Finally they joined hands and walked slowly out into the sea.

※The marines had obviously never heard that Leonidas and his Spartans did the same before their last stand at Thermopylae.
— タイム1944年8月7日号

また日本人の在留邦人の一部には、みずからその生命を絶つまえに相当の儀礼をとりおこなうものがあつた。その一例として、三名の日本人の女性が、まるでテルモピレーの決死の陣にのぞんだレオニダス将軍と部下のスパルタ軍勢の流儀に大いに似て、岩頭にゆうゆうと坐つてその長い黒髪を落ちついて櫛けずりつつあつた光景には、さすがの海兵たちも呆然と驚異の目を見はつて見まもるばかりであつた。それから最後に、これらの女性はそれぞれ両手を合わせて祈りながら、しずしずと海のなかへ歩いていつて姿を消したのである。

— 1951年「サイパン」ロバートシャーロッド著中野五郎訳p302
(以上WIKIより引用)

 

ツイッターでフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。